Service

 
ダイナミック イオンセラピー

ダイナミックイオンセラピーとは?

ペインセンサーという痛みの元を見つける機械を使って、特に弱った細胞(痛点)を探し、
そこへマイナスイオンを集中的に入れていくセラピーのことです。

☆厚生労働省の認可を受けた精密機器を使用しています。
ペインセンサー(痛みの元探知機)
①ペインセンサーを使って痛みの元(痛点)を探します。
人の体には微量ながら電気が流れています。
これを生体電流と言います。
体内の異常な部位には不純物がたまっているために、電気が流れやすい状態にあります。
そのため、ペインセンサーによって痛みの元つまり痛点を瞬時に探すことができるのです。
痛点を見つけたら、そこに水性ペンを使ってしるしをつけます。
(最後にふき取ります。)

②マイナスイオンが出るイオンペンを使って痛点に点打していきます。
痛点にマイナスイオンを供給していくことにより、
細胞を修復します。血液が集まり始めるので、
図のように皮膚が赤くなることがあります。

私達の血液は通常は弱アルカリ性で正常と言われています。
マイナスイオンは、酸性化している状態から
弱アルカリ化させる働きを持っています。
これを利用したのが
ダイナミック イオンセラピーです。

MENU(※要予約)

RECOMMENDATION!
    水素とマイナスイオンは相性抜群。
     水素吸入+イオンセラピーで
     リラックス&リフレッシュ!
       ぜひお試しください。

Share by: